そもそも筋トレ効果のあるEMSとは?シックスパッドと他機のEMS比較

EMSでトレーニング

最近注目を浴びています。

 

スレンダートーンなどは、
元議員の杉村泰蔵さんや、
元プロサッカー選手の城彰二さんが、
CMに出たりしていますね。

 

シックスパッドでは、
プロサッカー選手の、
クリスティアーノ・ロナウド選手が、
制作に携わっており、
大変人気があります。

 

EMSについて説明したいと思います。

そもそも筋トレ効果が高いと言われるEMSとは?

EMSとは、脳からの命令を、
EMS機器による電気信号に置き換えて
継続的な運動が出来るようにする方法で、
心臓などの負担も少ないので、
スポーツ選手のトレーニングであったり、
リハビリなどにも利用されています。

 

EMSを利用すると、
パッドを貼った箇所の筋肉が、
締め付けられている感覚があります。

 

人によって感じ方は異なりますが、
ピリピリと感じる事が多いと言えます。

シックスパッドとその他EMS機器の周波数の違いは?

シックスパッドの大きな特徴としては、
周波数20Hzの低周波を、
使用しているという事です。

 

低周波のEMSでは、
ピリピリとした痛みがあるので、
多くのEMS機器では、
高周波を利用したり、
干渉波を採用している製品が多いのです。

 

効果が高いと言われるシックスパッドでは、
あえて低周波の20Hzを採用している
という違いが特徴的です。

シックスパッドが低周波を採用する理由とは?

シックスパッドが、
低周波にこだわる理由としては、
京都大学の運動医学の観点と研究から、
トレーニングに効率的な周波数は、
20Hzという事が分かったからだと、
言われています。

 

周波数が高いと、
電力の刺激の頻度が多くなってしまうので
筋肉が刺激に対応できなくなり、
トレーニング効果が望めなくなってしまう
からと言われています。

 

20Hzの低周波であれば、
継続して効率の良いトレーニングが、
可能になります。

シックスパッドのジェルシートと他のEMS機器の違いについて

身体に張り付ける高電導ジェルシートは、
シックスパッド等を、
利用する時に必要になりますが、
電気を均一に身体に伝える為に、
不可欠なものです。

 

他のEMS機器では、
ジェルシートがべたべたして、
気持ちが悪いと不評でしたが、
シックスパッドでは、
粘着性も維持しつつ、
剥がしたときにもべたつかず、
に使い心地の良さを実現していて、
大きな違いと言えます。

 

一概に全てのEMS機器のジェルシートが、
べたべたしている訳ではないですが、
シックスパッドのジェルシートは、
かなり良いものです。

EMS機器の中でも人気?シックスパッドの唯一の特徴とは?

市販されている多くのEMS機器の中でも、
シックスパッドの秀でた特徴としては、
クリスティアーノ・ロナウドのトレーニング理論と、
京都大学の研究の成果で生まれた、
新しいタイプのEMS機器が、
シックスパッドと言えます。

 

現役最高レベルの選手が政策に携わり、
国の最高レベルの研究者が生みだした
EMSトレーニング機器は唯一です。

 

シックスパッドは、
クリスティアーノ・ロナウド以外にも、
多くのアスリートから、
評価されているアイテムです。

有名EMSを比較!シックスパッドとボニックの違いとは?

EMS機器って高いですよね?
その中でどの機器にしようか、
購入を迷っている方は多いでしょう。

 

有名どころと言えば、
スレンダートーンですが、
他にもたくさんのEMS機器が、
存在します。

 

その中でも、今人気がある、
シックスパッドとボニックという、
EMS機器の比較をしたいと思います。

シックスパッドとボニックの価格の違いは?

シックスパッドとボニックですが、
最大の違いとしては、
使い方と価格が異なる事です。

シックスパッドでは、
腹筋を鍛える専用と足や腕に使える、
部分的に筋トレができる2種類があり、
どちらも揃えた場合には、
5万円前後必要になります。

 

シックスパッドは、
気になる箇所に貼るだけで、
効率よく筋肉を動かしてくれます。

 

ボニックは、
専用のボディジェルを定期購入で使用して
マシンで自身で当てないといけない
手間がありますが本体は千円前後と安いです。

シックスパッドとボニックの特徴は?

ボニックでは、
入浴時にも使用できるので、
防水加工で人気があります。

 

シックスパッドでは、
貼るだけで良いので、
何もしなくても筋トレが、
可能になる特徴があります。

 

シックスパッドもボニックも、
ジェルシートを貼ることや、
ジェルを塗る事では一緒になるので、
比較は難しいですが、
好みによって分かれるといえます。

 

根拠があるといった意味では、
シックスパッドの方が効果が高い、
と言った使用感です。

シックスパッドとボニックの重さとパワーの違いは?

シックスパッドはボニックに比べ、
重さはとても軽く、
軽さなら断然シックスパッドです。

シックスパッドの中でも、
ボディフィットは49グラムで、
アブズフィットは84グラムと、
ボニックの255グラムに比べると、
利用しやすい特徴があります。

 

ボニックでは自身でジェルを塗って
当てないといけないので、
使っていても手間になる部分があります。

 

パワーについては、シックスパッドでは、
15段階式ですが、ボニックは、
3段階で細かく調整しにくいといえます。

シックスパッドとボニックのEMS特有の痛みについて

EMS機器では、
どうしても痛みが問題になりますが、
シックスパッドでは独自の開発で、
痛みが少なく利用しやすいです。

 

ボニックでは、
痛みは多少ありますが、
充電式になります。

 

シックスパッドでは電池式になるので、
交換をしないといけない事も、
考えておく必要があります。

 

ボニックの場合は、
最高のレベル3では、
刺激がかなり強いので、
使い方にコツが必要になります。

シックスパッドとボニックはどちらが効果が高い?

共に売れていて良いEMSですが、
効果と言った意味では、
シックスパッドでしょう。

 

ボニックは部分的に効果を発揮しますが、
手間が掛り過ぎるので、
本当に部分痩せしたい方にオススメです。

 

シックスパッドは、
プロスポーツ選手が好んで使い、
効果が高いという口コミも多いので、
シックスパッドの方が、
効果が高いと言えます。