お腹痩せに便利なシックスパッドの有効な使い方とは?

お腹痩せに便利なシックスパッド
もう使っていますか?
購入予定ですか?

 

効果がないなんて口コミがありますが、
あれはウソだと思います。

 

結果的に言えば使い方が良くない
と断言できますので、
お腹痩せに最適な使い方を、
説明していきます。

シックスパッドで効果が出ない人がいる?

最近の注目されている、
シックスパッドですが、口コミでは、
効果が実感できてない利用者も、
少なからずいます。

 

シックスパッドは効果が無いわけじゃなく
腹周りの脂肪や皮下脂肪の蓄えがある人が
利用すると少し効果を実感し辛い様です。

 

効果がでるまで、
時間がかかることがあります。
決して効果が無いわけじゃないんです。

 

シックスパッドを少し利用しただけで、
効果が出ないという事は、
シックスパッドの利用が、
足りないという事が言えます。

シックスパッドの使い方で効果が出にくい?

シックスパッドをセットするときに、
おすすめ出来ない使い方としては、
たまに利用して見ると言う事です。

 

シックスパッドは途中で諦めずに、
継続して利用する事が大事で、
効果が出るまで使用してみる
という意識が肝要です。

 

人によって個人差がありますが、
最低1ヶ月はシックスパッドを、
チャレンジしてみることが肝要です。

 

シックスパッドを利用は、
簡単で貼るだけで良いので、
継続しての利用がおすすめと言えます。

シックスパッドで効果のでる利用回数とは?

ダイエットに効果的で、
お腹を痩せる事が期待できる、
シックスパッドですが、
使う回数も大きく効果に影響します。

 

基本的には、
1日に1つの身体の箇所に、
1日1回の利用がベースとしてあります。

 

時間は自動的に終了しますが23分です。
中には1日に2回以上、
利用している人もいますが、
やらないほうが良いと言えます。

 

利用するにあたって、
ジェルシートを劣化させてしまい、
費用もかさみ、
筋肉疲労の原因にも繋がります。

シックスパッドの効果のある最適な強度とは?

シックスパッドを利用する場合は、
最初であれば特にレベルを上げての
利用は必要ないと言えます。

 

シックスパッドを継続的に利用する事で、
慣れてきたと感じてからで、
強さレベルを調整する事が、
良いやり方と言えます。

 

シックスパッドを利用時には、
腹筋している様な筋肉が、
締め付けられている強さが、
丁度良い強さと言えます。

 

普通に腹筋してみると、
イメージしやすいと言えます。

裏技的シックスパッドの効果を高める使い方とは?

シックスパッドを利用する時には、
動きに合わせて意識的に、
腹式呼吸を加える事がより、
効果的に使用出来ると言えます。

 

ドローイングというダイエット法でもあり
シックスパッドの23分間でも、
忘れずに意識的に行うことで、
筋トレ効果が高まります。

 

しかし、
無理せず負担を与えないように、
チャレンジする事も大事なので、
それぞれの生活環境に合わせての、
継続利用が最も大切です。

筋肉痛になりにくい!?筋トレ効果の高いシックスパッドの秘密とは?

  • 強度の運動=筋肉痛
  • いきなりの運動=筋肉痛

筋肉痛は仕事や私生活に影響し、
なっていては良い事もありませんし、
運動嫌いの原因にもなります。

 

でも筋トレをしないと、痩せないし、
体が引き締まりません。

 

でも、限りなく筋肉痛を
少なくする方法があります。
それがEMS機器である、
シックスパッドです。

 

筋肉痛になりにくい、
シックスパッドの秘密をお伝えします。

本当なの?筋肉痛知らずのシックスパッドの口コミとは?

先程お伝えしたように、
筋トレをオーソドックスに行う場合には、
筋肉痛に悩まされる事が多いと思います。

 

しかし、シックスパッドであれば、
人によって個人差はあるものの、
多くの人が筋肉痛には悩まされずに、
利用できている特徴があります。

 

シックスパッドを、
初めて利用する場合に多少の筋肉痛が
起こる場合もありますが、
限りなく筋肉痛を抑えることができ、
便利に利用出来ます。

シックスパッドの目的は筋肉を増やす事?

筋肉痛が起こるという事は、
筋肉を大きくする過程として、
必要である破壊と再生の繰り返しである
破壊の箇所に筋肉痛が起こります。

 

破壊された筋繊維が治っていく中で、
筋肉が大きくなっていきます。

 

シックスパッドでは、
筋肉を大きくするものではなく、
筋肉量を増やす事を目的に、
作られている事から、
筋肉痛が起きにくいと言えます。

 

筋肉量が増える事で、
基礎代謝が上がり、
太りにくくする事が、
シックスパッドの目的と言えます。

シックスパッドで体脂肪が減るという効果も?

多くの人が、
シックスパッドを利用していますが、
使い始める事で、汗をかく量が増えて、
体脂肪率が視覚的に分かるほどに
減ってきたと感じる人が多い、
という口コミも多いです。

 

エステやサロンなどでは、
毎回高額なお金が必要になりますが、
シックスパッドでは、
一度購入してしまえば、
交換用のジェルシートと電池代のみで、
筋トレが行えるのでとても経済的です。

 

基礎代謝が増えるので、
当然痩せやすい体になります。
体脂肪が減るのは必然ですが、
継続的な使用が不可欠です。

やり過ぎで筋肉痛?シックスパッドの使用方法

基本的にシックスパッドの利用は、
1日に1回が推奨されていて、
何回も1日に行う事で、
筋肉痛になる恐れがあるので、
注意が必要です。

 

筋肉に負担をかけてしまう事になるので、
1日に1回という回数は、
守っての利用がおすすめです。

 

シックスパッドを利用する時に、
すでに痩せている人が行うと、
一般的な人よりも刺激が強く、
すぐに筋肉痛になる可能性があるので、
自身の体型を理解する事も大事です。

シックスパッドの程良い筋トレ強度で筋肉痛を回避!

シックスパッドは、
強制的に筋肉を動かして、
筋肉を鍛えていくことが
出来るアイテムです。

 

自分の意志とは関係なく、
鍛えたい個所の筋肉を動かしてくれますが
シックスパッドでは、
1分程のウォーミングアップ動作が、
あった後に筋肉を収縮させようとする
動きが始まります。

 

メーカーによると、
初回はレベル5から7くらいでの
使用がオススメで、
強すぎると筋肉痛になる可能性も、
人によってはあります。

誰も知らないかも!?シックスパッドの裏ワザ的使用方法とは?

シックスパッドと言えば、
腹筋を鍛えるアブズフィットと、
その他を鍛えるボディフィット
ですよね?

 

その2つのシックスパッドを、
上手く使えていますか?
いまいち使い方が分からない方や、
これから買うけど、
どうやって使うか分からない方に、
見ていただきたい内容です。

 

今回は、
シックスパッドの使用方法や、
注意する点、裏技的使用法について
解説したいと思います。

シックスパッドの基本的な効果的使用方法とは?

シックスパッドは気になる箇所に貼って、
自動的に、
筋トレをしてくれるアイテムですが、
同じ場所に1日1回までの使用で、
使用時は汗をかいていない時に、
利用することが基本になります。

 

ジェルシートは、
肌にしっかりと密着させての利用が、
効果的です。

 

腹筋専用のアブスフィットでは、
肋骨と骨盤の間で、
へその上に中央の電源が位置するように
貼ることが良いです。

 

ボディフィットでは、
V字にウエストに挟み込む様に
利用すると効果が得られます。

女性におすすめのシックスパッドの使用方法とは?

女性は特に部分箇所によって、
痩せたいと感じるポイントは異なるので、
二の腕や足などに利用する場合は、
シックスパッドのボディフィットが、
お勧めです。

 

二の腕痩せやウエストのくびれ、
ヒップアップに効果的といえます。

 

足痩せの場合でもふくらはぎの場合は、
原因は人によって異なるので、
効果が異なります。

 

脂肪が付きすぎていたり、
むくみが原因だったりと、
ふくらはぎの利用については、
注意が必要になります。

シックスパッドで注意するべき使用方法とは?

低周波でのシックスパッドですが、
肩こりでの利用は、
おすすめできない事と、
肩こりの解消にはならないので、
理解しておく必要があります。

 

心臓部中心もお勧めできないですが、
シックスパッドシックスパッドでの
大胸筋を鍛えようと考えている人は、
心臓に近いという事から、
シックスパッドの利用は出来ないです。

 

実際に肩にシックスパッドを利用すると
違和感や痛みを感じるので、
良い使い方と言えません。

シックスパッド使用方法での裏ワザとは?

シックスパッドでは、
本体価格が高い事から購入することを、
躊躇する人も多いと思います。

 

しかし、お腹周辺を何とかしたいと、
考えている人であれば、
一番値段の安いボディフィットを、
購入することが良いです。

 

多くの箇所に利用できるので、
金額的にも経済的で、デメリットは、
時間がかかるということのみで、
効果を得ることができます。

 

時間に関しては、
ながら使用ができますので、
他のことをしながらでも、
利用することが出来るので、
ピンポイントでの筋トレには最適です。