筋肉痛になりにくい!?筋トレ効果の高いシックスパッドの秘密とは?

  • 強度の運動=筋肉痛
  • いきなりの運動=筋肉痛

筋肉痛は仕事や私生活に影響し、
なっていては良い事もありませんし、
運動嫌いの原因にもなります。

 

でも筋トレをしないと、痩せないし、
体が引き締まりません。

 

でも、限りなく筋肉痛を
少なくする方法があります。
それがEMS機器である、
シックスパッドです。

 

筋肉痛になりにくい、
シックスパッドの秘密をお伝えします。

本当なの?筋肉痛知らずのシックスパッドの口コミとは?

先程お伝えしたように、
筋トレをオーソドックスに行う場合には、
筋肉痛に悩まされる事が多いと思います。

 

しかし、シックスパッドであれば、
人によって個人差はあるものの、
多くの人が筋肉痛には悩まされずに、
利用できている特徴があります。

 

シックスパッドを、
初めて利用する場合に多少の筋肉痛が
起こる場合もありますが、
限りなく筋肉痛を抑えることができ、
便利に利用出来ます。

シックスパッドの目的は筋肉を増やす事?

筋肉痛が起こるという事は、
筋肉を大きくする過程として、
必要である破壊と再生の繰り返しである
破壊の箇所に筋肉痛が起こります。

 

破壊された筋繊維が治っていく中で、
筋肉が大きくなっていきます。

 

シックスパッドでは、
筋肉を大きくするものではなく、
筋肉量を増やす事を目的に、
作られている事から、
筋肉痛が起きにくいと言えます。

 

筋肉量が増える事で、
基礎代謝が上がり、
太りにくくする事が、
シックスパッドの目的と言えます。

シックスパッドで体脂肪が減るという効果も?

多くの人が、
シックスパッドを利用していますが、
使い始める事で、汗をかく量が増えて、
体脂肪率が視覚的に分かるほどに
減ってきたと感じる人が多い、
という口コミも多いです。

 

エステやサロンなどでは、
毎回高額なお金が必要になりますが、
シックスパッドでは、
一度購入してしまえば、
交換用のジェルシートと電池代のみで、
筋トレが行えるのでとても経済的です。

 

基礎代謝が増えるので、
当然痩せやすい体になります。
体脂肪が減るのは必然ですが、
継続的な使用が不可欠です。

やり過ぎで筋肉痛?シックスパッドの使用方法

基本的にシックスパッドの利用は、
1日に1回が推奨されていて、
何回も1日に行う事で、
筋肉痛になる恐れがあるので、
注意が必要です。

 

筋肉に負担をかけてしまう事になるので、
1日に1回という回数は、
守っての利用がおすすめです。

 

シックスパッドを利用する時に、
すでに痩せている人が行うと、
一般的な人よりも刺激が強く、
すぐに筋肉痛になる可能性があるので、
自身の体型を理解する事も大事です。

シックスパッドの程良い筋トレ強度で筋肉痛を回避!

シックスパッドは、
強制的に筋肉を動かして、
筋肉を鍛えていくことが
出来るアイテムです。

 

自分の意志とは関係なく、
鍛えたい個所の筋肉を動かしてくれますが
シックスパッドでは、
1分程のウォーミングアップ動作が、
あった後に筋肉を収縮させようとする
動きが始まります。

 

メーカーによると、
初回はレベル5から7くらいでの
使用がオススメで、
強すぎると筋肉痛になる可能性も、
人によってはあります。

コメントを残す